EDに悩む日本人男性は多い

現代では、日本のED患者数は、潜在的な数も含めると1130万人にものぼると推計されています。しかもこの数字には軽度のED患者数は含まれていない為、ED患者数はこの倍近くに上るのではと言われています。このデータから曰本のED患者数は成人男性の約24%、つまり4人に1人が中等度以上のEDだということが判ります。加齢による肉体は衰えからEDになりやすくなりますので、50代や60代のED患者は多いのですが、生活習慣病などの病気や服用している薬の副作用などでもEDは発症する場合があります。また、仕事や子作り、身内の不幸など、精神的なストレスやプレッシャーが原因でもEDは現れますから、若い世代のEDも決して珍しくなく、それを誰にも言えず悩んでいる男性は多いと予測されています。

隣のあの人も・・・

男性の性の悩みが多いのをご存じでしょうか?
実はED(勃起不全)に悩んでいる人は多いようです。

お酒を飲み過ぎた後や仕事で疲れた後などに
勃起しなかった経験をされた方も多いと思います。
一時的なものであれば問題はありませんが、
EDは、本人だけではなくパートナーとなる女性との生活を
ぎくしゃくさせる原因ともなり得るため、
日常的に続く場合には早めの受診をオススメします。

TOPPAGE  TOP